ロダン展2017年09月21日 23:23

友人と見に行きました。

最初は19日(火)に行こうと思っていたのですが
朝、友人からの電話で18日(月)が祝日で開館だったため
振り替えで翌日が休みとの事。
全く気が付きませんでしたわ。

そして、その日は前日の天気予報では晴れだったのに
大雨は降るわ、バリバリと雷は鳴るわ・・・
で、行かなくて良かったのです。

そして今日美術館に着くと、混んでいました・・・

入口を入ると、もう人が固まっています。
説明があって、「自画像」がありましたが
もうその部屋は遠くからチラッと見て次ぎの場所へ

そちらはいくらかマシ
途中で一休みして、最後まで見てから最初のほうへ。
いくらかマシ・・・で、何とか見終わりました。
とにかく疲れました。

ランチしてから
コーヒーを持ってロビーで休みました。

行く前から分かっていたけれど
あまり好きな絵は少ないと再確認しました。
いえ、好きな絵もありましたよ。

何しろ少女趣味なもので、
綺麗なふんわりした可愛いものが好きなのですわ。

帰りに電気屋へ寄って、データー用のCD-Rを買いました。
売り場を見つけられずウロウロ~
已む無く店員さんに聞いて歩き出すと
側を歩いていた警備員さんでしょうか
その方が案内してくれました(聞こえていたらしい)
すみませんねぇ~

ヘトヘトでバスを降り、家に向かうと
あちらからワンコ2匹が散歩してきます。
白いワンコは楽しそうにぴょんぴょん跳ねています。

近づいてから
「楽しそうに跳ねていますね~」と言うと
「後足がないのです。最初から障害があって・・・」

見ると足の先がないのです。

《ありゃぁ~》

でも、人懐っこく寄って来るので
大丈夫と思ってナデナデしました。
とても可愛がられているようでちょっと安心。

一緒に散歩していたお嬢ちゃんが
「あのね、あのね、今日金魚が死んじゃったの」と言う。
「そうなの、可哀相だったね。
ワンコがいるからワンコを可愛がってね」と。

「保護犬なんですよ」
保護犬?
詳しく聞きたかったけれど、何しろこちらも疲れてヘトヘト

「大切にされて良かったね。またね~」
と、言って別れました。