暖房のボイラー2020年11月12日 15:35

昨日の午後、室温は22度ありますが何となく寒い。
それで、壁のリモコンで不凍液の温度を上げました。
熱い不凍液がパネルの中を通るので室温が上がる、ハズ。
(多分ね)
すぐに、エラー番号が表示されました。
リモコンの下にはボイラーのメーカーのフリーダイヤル番号のシールが貼ってあります。
何しろ忘れるのを前提にして用意している(ハズです)

電話をしてエラー番号を言うと
「排気筒の部分に何か覆いかぶさっていませんか?」
『いません』
「では、燃焼部分の故障だと思われますので、サービス会社に連絡を取ります。1時間以内に連絡があります」

暖房のパネルは、だんだん冷えてきました。

ボイラーを取り替えたのは7年前。
その時に、10年間の保証期間延長の手続きをしたのです。
延長料金は忘れましたが、とにかくまだ保証期間内です。
ですが、保証外の事もあったはずと、取説&保証書を探しました。

電話が来ました。
「燃焼部分の部品を取り寄せるので、お伺いは明日になります」
私、思わず
『え~!この寒いのに明日ですか!』と叫びました。
この雄叫びが効いたのか
「お待ちください」
はい待ちますよ。
「豊平が済んでからになりますから、17時ころになりますが、宜しいでしょうか」
宜しいです、宜しいですとも。

翌朝(つまり今朝)の札幌の予想最低気温は0度
家の周辺は-3度と出ているのよ(中央区より低いの)
凍え死にはしないと思うけれど。

外気温が低いと、ウチのエアコンは暖房に使えないのです。
やっぱりエアコンも買い替えが必要かな?
寒冷地仕様は高いんです・・・
物置に石油ストーブはあるけれども、石油は入っているかしら?
10年以上置きっぱなしだし~

あれこれ、つまらぬ事も考えながら待ちました。
で、とにかく無事に燃焼部分の交換は終わり
保証期間なので無料だったし、
パネルも暖かくなってきました。

ただ、不凍液が少なくなっていたので足してもらい
それは有料で1万円ちょっとの支払い。
こんな程度で済んで良かったわ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック