読み間違いではなくて2020年12月23日 17:33

朗読を習っています。
まあ、ボケ防止ですね。

3ケ月ごとに延長して、もうかなりの期間になります。
現在の先生は元NHKのアナウンサーで
ワタクシ、アクセントをかなり直されます。
でも、直す気がないのか?と言われかねないほど
直りません。直せません。

「2音節の言葉のアクセントが・・・」
「はい」
お返事だけは殊勝です。

3ヶ月毎の最後に生徒だけの朗読会をします。
ワタクシ、その時は張り切って録音係をして
編集してCDを作っています。

今回の朗読で、読み間違いをしました。
読み間違いというよりも、勘違いかな?
「大団円」という言葉を、ずっと「大円団」と思い込んでいたのです。
その言葉は、時代小説を読んで知ったのだと思うのですが、
めでたく終わるという感じで、意味はわかるので、
間違えたまま覚えていました。
今回の朗読の中に、生憎とその言葉が出てきたのですが、
それを「だいえんだん」と読みました。
先生から講評の時に
「読み間違いしましたね」

ちゃうちゃう、

読んでいなかった、そう思い込んで字を見ていなかった・・・
そちらのほうが言いやすいでしょヤァ~

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック